人数少ない職場・仕事を辞めたいのに言えない!人手不足でも退職するには

未分類

人数が少ない職場だと辞めたいのに言えない状況に苦しんでしまいますよね。「人手不足を理由に引き止められたらどうしよう…」「辞めさせてくれないのでは?」と不安に感じている人も多いはず。そこで本記事では、人数が少ない職場・仕事でも円満に退職する方法をご紹介します。


人数少ない職場を辞める方法

人数が少ない職場を辞めるには、伝え方、辞め方が重要です。

早い時期に退職の意向を伝える

就業規則により1ヶ月前に退職意向を伝えれば良しとされている会社でも、できるだけ早めに退職意向を伝えましょう。これにより、会社が代わりの人材を採用したり、引き継ぎをする時間ができたり、辞める人も会社側も落ち着いて退職手続きができます。

正社員の場合、3カ月、半年前くらいに伝えていれば誠実な辞め方をしていると言えるでしょう。

繁忙期を避けて退職日を設定

繁忙期に辞められると、人手不足の職場が困ってしまうので引き止められてしまいます。いくら真剣に「辞めたいです」と伝えたところで、聞いてもらえないかもしれません。

上司や会社と争うことになれば会社に居づらくなる、けんか別れのような形で辞めることになるので避けましょう。

すでに決まったこととして報告する

辞める際は、辞めようかどうしようか迷っているというふうに「相談ベース」ではなく、辞めることにしましたという「報告ベース」にしましょう。

迷っている段階なら、上司も引き止めに成功するのでは…と思ってあなたを引き止めにかかるかもしれません。しかし、あなたの気持ちがしっかり決まっているのであれば「報告ベース」で退職しましょう。

「家族とも話し合った」「次の転職先が決まっている」など、もはや自分一人の意思で会社に残ることはできない要素があるなら、そのことも伝えたほうがいいでしょう。


引き止められたときの対処法

辞めることを伝えたとき、引き止められたらいったいどうすればいいのでしょうか。引き止められたときの対処法をご紹介します。

「人手不足だから」と言われたら

「人手不足だから」と言われたら、まずはその事実を認め、一旦申し訳なく思っていることを伝えましょう。そのうえで、それでも辞めなければいけない理由を伝えれば、上司も感情的にならず考え直してくれるはずです。

人手不足の職場を辞めるときは、どうしても「申し訳ないな」「辞めづらいな」「上司や同僚に悪い」と思ってしまいます。しかし、人手不足はそもそもあなたの責任ではなく、人を集められない会社や上司の責任。あなたがそれを背負ってあげる必要はありません。

また、厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、会社など組織においては、あなたの代わりは他にいます。しかし、あなたの夢を叶えたり、働きがい、生きがい、健康を守ったりできるのはあなたしかいません。

辞めるときは心苦しいでしょう。しかし、そのせいで本当にやりたかったことを犠牲にすることはないのです。

「君に期待している」と言われたら

辞めるときに「辞めないでほしい。君には期待しているんだ。この会社に残って能力を発揮してほしい」など能力を買われて引き止められることがあります。

そんなときは、まず認めてくれていることを素直に感謝しましょう。そのうえで、「それでも転職してやりたいことがある」「今の職場では自分の理想を叶えられない」など、あなたの率直な気持ちを伝えて辞めることを伝えてみてください。

「辞めます」と即答できない雰囲気なら「一旦考え直します」と持ち帰ってもいいかもしれません。

そして数日後、上司に時間をもらってこの数日間で考えた結論を伝えるといいでしょう。数日、時間を置き、それでも辞めたいというあなたの意思が変わらないのなら、上司もこれ以上引き止めることはできないはずです。


「給料を上げる」と言われたら

給料を上げると言われて心変わりするようなら、その職場に残ってもいいかもしれません。給料アップ後の収入が今の働きに見合っている、その金額なら残ってもいいと思えるなら継続して働くといいでしょう。

ただし、引き止めるための口実で言っているだけかもしれません。「給料を上げる」と言われたら、いつから、どのくらい上げるのか具体的なことまできちんと聞いておいてください。

どうしても「辞めます」が言えないときは…

  • どうしても「仕事を辞めます」と言えない
  • ブラック企業だから辞めさせてくれない
  • 自分が傷つくことなく辞めたい

辞めることを伝えられない、辞めると言ったのに人手不足を理由に辞めさせてくれないなど、どうしても辞められないときってありますよね。

そんなときは退職代行サービスがおすすめです。

退職代行とはあなたの代わりに交渉のプロが退職の意向を伝えてくれるだけではなく、有給や退職金の交渉なども代行してくれるサービスです。上司の顔を見ることなく辞められるので、どうしても辞められないときに助かります。

あまり広く知られていないサービスかもしれませんが、弁護士と連携しているのでトラブルになりそうなときもサポートしてくれます。

人手不足を理由に辞めさせてくれない!という人はぜひ退職代行サービスを使ってみてください。

▼おすすめの退職代行サービスはこちら

人数少ない職場でも辞めるならきちんと意向を伝えよう

人数少ない職場でも、辞めたいのであれば遠慮することなくはっきり伝えましょう。繁忙期を避けて退職日を設定し、早めに意向を伝えれば人手不足でも円満に退職できるはずです。

引き止めにあうかもしれませんが、その場合は上司の言い分を一旦受け止めてからそれでも辞める意思が固まっていることを伝えてみてください。

どうしても辞められないという場合でも、退職代行サービスがあるので安心です。今の職場に見切りをつけて、本当にふさわしい職場にうつりましょう!

タイトルとURLをコピーしました